よくばりパパの大阪物語 ~今ある今を心から~

大阪パパ。長男誕生後に2カ月、次男でも1カ月の育休を取得。パパ料理、育児、…ファザーリングジャパン関西会員

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1.38%

よくばりパパです。

またご無沙汰になってしまった
ブログですが今日は1.38%について書きます。
先日発表になった男性の育休取得率ですね。
育休取得経験者として思ったことを書きます。

率直な感想として、少なくとも去年より上がっていると思っていたので意外でした。イクメンが浸透してきて男性も育児をやる時代を感じていたので。でも世間一般には育休はまだハードルが高いんですね。

不景気が原因との分析みたいです。
経営者が育休を抑制したというよりも、
従業員が育休をきっかけとした不利益を恐れたり、
職場に言い出しにくい雰囲気があったのかなぁと推測します。

でも不景気だからこそ、これからのパパには育休をとるという一歩を踏み出してほしいと思います。

育休は単なる休みではありません。
人生のスキルアップ研修のひとつです。

確かに給与は下がります。今の制度下ではかなり福利厚生がよくても、減収はやむを得ないかもしれません。

でも、

子どもと一日中、一緒に過ごす
期間って人生にほとんどないように思いま。

大きくなっても子どもと遊べますが、
トイレも含めて文字通り、ベッタリなのはほんの僅かです。

何も仕事を諦める必要はありません。
よくばりパパはうちの会社の幹部を目指して日々、仕事をしています。
時間制限があるからこそ、効率的な仕事をやるインセンティブになります。

パパにならないとできない貴重な体験をもっと広めていきたいものです。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/18(月) 17:10:35|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。