よくばりパパの大阪物語 ~今ある今を心から~

大阪パパ。長男誕生後に2カ月、次男でも1カ月の育休を取得。パパ料理、育児、…ファザーリングジャパン関西会員

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふりかえり育休日記~育休宣言するぞ~

今日は育休を決意し、
職場への「育休宣言」とそのコツを書きます!

前回の記事にも書いたように、長男の誕生前から
育休取りたいねぇという話はありました。

なので、長男の妊娠がわかってすぐに、
まずは行動っ!と思ってアタリをつけはじめました。

まず第一にしたのは

職場の女性陣への報告と相談

「まだ上司には内緒にしてほしいんだけど・・・」と
お昼ご飯の際に妊娠を報告。

そして
「育休をとりたいと思っているんだけど・・・」と
あわせて相談。

これは今考えるとイイ作戦だったなぁと思います。
職場は女性陣が多かったので特に協力が不可欠でした。
「イクメン」が話題になるなかで、

いいんじゃないですかぁとの回答

ちょっとホッとしました。
ここをクリアできないと止めようというくらい思ってたので。

それからちょっとづつ、職場の人に広めていきました。

派遣中の身だったので、次に

派遣元の総務へ相談

育休期間中の取り扱いなどを確認したあとに


派遣先の上司へ相談

しました。
ドキドキしながら相談したのですが、(2~3日は言いだせなくてモゾモゾw)
意外とあっさり了解してもらえたのでした。

振り返ってよかったなと思うのは

早めに相談したことかなぁ。
同僚への相談は妊娠がわかってすぐ(安定期前!)にしましたし、
最後の上司への相談も予定日の半年前には完了していました。

残された人の不安・不満をなるべく早く対処するには
早すぎることはない。おかげで余裕を持って仕事を引き継げました。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/14(月) 18:00:00|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。