よくばりパパの大阪物語 ~今ある今を心から~

大阪パパ。長男誕生後に2カ月、次男でも1カ月の育休を取得。パパ料理、育児、…ファザーリングジャパン関西会員

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男性育休2.63パーセント


よくばりパパです。

いくつかのブログなどで話題になっていますが、
厚生労働省が男性の育休取得率の速報を発表しています。

↓概要のページ
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-23e.pdf

2.63パーセント!
前年度の約2倍ですね。
とはいってもかなり少ないですが、グラフにするとグッと伸びています。

生まれてすぐに2か月の育休をとった頃から、はや1年半。
ちょうど2年前の今頃には「とるぞ!」と決めていましたね。

たとえ取得するのが少しの人数であっても、
波及効果ってすごいと思っています。



雑誌とか本とか日常とは違う世界のパパ


よりも

部署が違っても同じ会社のパパ

だとか

少し遠い親戚のパパ

だとか、自分よりも少しは身近に感じられる人が
取得したと聞いたりする。

自分の周りにはまだいなくても、そういうことの積み重ねが、
外堀を埋めるようにみんなの意識に影響を与えていく。
もちろん強制ではなく、選択肢の一つとして頭に残るようになる。

まだまだマイノリティ。
だからこそ、あえて声を大きくして、
自分の経験を語るようにしている。

これからの日本でもっと当たり前になってほしいことだから。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/29(日) 23:42:11|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0

二人目の育休



よくばりパパです。

昨年に受けた学生インタビューの校正依頼があって内容を読んでいます。
育休を取った他の企業の方のお話もあって面白いです。

そのなかのひとつの項目
もう一度育休をとろうと思うか…

一番のポイントは職場の理解かなぁと思っています。二人目が生まれる時期と仕事の繁忙期が重なるのかどうなのかもありますね。

給料の問題もありますが、前回の育休で生活に大きな支障が出るほどではなかったので大丈夫かと。もちろん減額されないのが理想ですが。

いまの職場だと2週間が限界かなぁというのが正直なところ。
隠れ育休(有休)も含めて考えるんだろうなぁ。

さてどうなることやら。
  1. 2012/02/01(水) 21:13:19|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0

1.38%

よくばりパパです。

またご無沙汰になってしまった
ブログですが今日は1.38%について書きます。
先日発表になった男性の育休取得率ですね。
育休取得経験者として思ったことを書きます。

率直な感想として、少なくとも去年より上がっていると思っていたので意外でした。イクメンが浸透してきて男性も育児をやる時代を感じていたので。でも世間一般には育休はまだハードルが高いんですね。

不景気が原因との分析みたいです。
経営者が育休を抑制したというよりも、
従業員が育休をきっかけとした不利益を恐れたり、
職場に言い出しにくい雰囲気があったのかなぁと推測します。

でも不景気だからこそ、これからのパパには育休をとるという一歩を踏み出してほしいと思います。

育休は単なる休みではありません。
人生のスキルアップ研修のひとつです。

確かに給与は下がります。今の制度下ではかなり福利厚生がよくても、減収はやむを得ないかもしれません。

でも、

子どもと一日中、一緒に過ごす
期間って人生にほとんどないように思いま。

大きくなっても子どもと遊べますが、
トイレも含めて文字通り、ベッタリなのはほんの僅かです。

何も仕事を諦める必要はありません。
よくばりパパはうちの会社の幹部を目指して日々、仕事をしています。
時間制限があるからこそ、効率的な仕事をやるインセンティブになります。

パパにならないとできない貴重な体験をもっと広めていきたいものです。
  1. 2011/07/18(月) 17:10:35|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0

ふりかえり育休日記~長男出産の立会~

ふりかえり育休日記です!
産後2カ月の育休をとって
よかったことの一つ、立会出産ですっ!


うちのママは妊娠高血圧症で入院してから4日目。

陣痛促進剤も少しづついれるものの、
本格的な陣痛にはならず。

あんまり促進剤も入れると、赤ちゃんが危険とのこと。

4日目の夕方。

お医者さんが「もうちょっと促進剤を入れてみましょう」
と約2倍の促進剤を短時間でいれることに。

最初は「また一緒かぁ」と思いきや、
促進剤を入れ終わったあとにも、ママに痛みが!

こ、これは、、、ついに生まれるのかっ?!とよろめき立つパパ。

が、看護師さんは

「まだまだですよ~まぁ
このまま朝に生まれることはほとんどないでしょう」


とのこと。

こっちは出産しにきてるんだよっ!(ママが生むんだけど)
なんかちょっと余裕がある看護師さんにパパはピリピリ。
絶対、今夜生んでよ、ママ。
と心の中で思いながら、ずっと側にいました。

すると、ママが尋常じゃない痛み方を。

「痛いよ~痛いよっ!」と言いながら

ベッドの柵をガンガンたたく、ドシドシ殴る

その手の方が痛くないか・・・・と思いながら、陣痛の一部始終を目撃。

こんなとき、パパは無力です。ただただ体をさするだけ。


夕方6時に始まった本格陣痛は、あれよあれよという間に朝7時28分。

あれだけお腹の中で粘っていたのに、出るときはあっさりでてきました。

3390gの男の子。

出産の様子をビデオで撮影していたので、よくありがちな

「あかちゃんに対して、最初の一言は?」とママに聞くと、


「お、おっきいよっ!?」

まぁ確かにしっかりした体やけど、ほら、

「生まれてきてくれてありがとう(涙)」
とか
「ママは君に会えてうれしいよ(涙)」
とかちょっとは感動的な言葉あるでしょ?

と思いながら、初めての息子にパパは感動。


あ、すげー、、、ホンマに出てきた。。。。


ママのこと言えないくらい、言葉よりも、
単純な驚きと感動が混ざった感じでした。

立会出産っていいもんですね。
次の子のときもしたいなぁ。
  1. 2011/02/21(月) 22:56:51|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0

ふりかえり育休日記 ~おもいがけない入院~

ふりかえり育休日記です。

ついに突入した育休
予定日を過ぎてもなお、長男は生まれません。

そして当初の予定どおり、定期検診へ。
お休みになっているので、一緒に行きました。

予定日を経過してしまって
大丈夫なのか少し心配になってお医者さんに質問。

予定日の経過自体は特に問題はないみたい。
そういえば、予定日ちょうどに生まれるのは

約5%
ってゆってたけ。。。

ただ・・・・


ここにきて血圧が高いとのこと。

「予定日は超過しているので、まぁこのまま入院してもいいし、
いったん帰ってもいいし」とお医者さん。
「うーん、悩ましいですねぇ。難しいですねぇ」と。

お医者さんに悩まれると困るんですけど・・・と思いながら、
しばらくママが横になることに。
それでもあまり血圧は下がらず。

陣痛もそんなについてないけど、
初めてのことだったので大事をとって入院することに。

分娩準備室にいくと、他にも出産を控えたママが。
そして次々と分娩室へ移動していく。結構ぬかされましたね、ママw

その日からパパはリンゴを剥いて、
病室に運ぶのが新しい?仕事になりました。ひとりの夜がなかなかにもどかしい日々でした。
  1. 2011/02/17(木) 18:00:00|
  2. ふりかえり育休日記
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。