よくばりパパの大阪物語 ~今ある今を心から~

大阪パパ。長男誕生後に2カ月、次男でも1カ月の育休を取得。パパ料理、育児、…ファザーリングジャパン関西会員

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活のリズム

よくばりパパです。

生活のリズムを整えるのは難しいなと改めて思う今日この頃。

子どもができる前は
・夫婦で遅くまで遊びに出かける
・仕事終わりに寄り道して外食
・休日は昼過ぎまで寝る

などなどリズムが大人が作れていました。

先日の二次会でも、子どもが生まれる前には「当たり前にできていたこと」ができなくなり、子どものリズムに合わせる(合わさざるを得ない)ようになってます。

・基本的には家でご飯
・休日でも朝早く起きる
などなど。

それでも毎日同じように仕事を終わって家に帰って朝起きては、なかなか難しい。
それにあわせて子どものリズムまで崩しているように感じる。

会社で偉そうにWLB とか育休とったとか、在宅ワークやりたいとかゆってるわりに自分のリズムが作れていない。

そして嫁に同僚に迷惑をかける

どうすればいいんでしょうね…
理想と現実の差は厳しいものです。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/11(水) 21:25:18|
  2. なぐりがき
  3. | コメント:0

それでもなお

よくばりパパです。

いま本を読んでいます。

働く君に贈る25の言葉

元東レ経営研究所所長の佐々木恒夫さんの著書です。

とにかく一行一行が参考になる一冊。
僕の人生を動かす指針になるんではないかと思うような内容です。

佐々木さんは自閉症のある息子さんを育てながら、
奥さんのうつ病、自殺未遂などを経験しながらも、
東レの取締役にまでなった人。

この本の中で紹介されていた、ケント・M・キースさんの一節を
一部抜粋します。

*****************

・人は不条理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい

・何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

・成功すれば、嘘の友達と本当の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。

・今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい

・正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

・最大の考えをもった、もっとも大きな男女は、最小の心をもった、もっとも小さな男女によって打ち落されるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。


*****************

佐々木さんは「それでもなお」という言葉は、自分を磨くための言葉だ、と説いています。


この一節を読んだとき、これこそ自分が求めていたものだっ!と感じました。


ともすれば正直者がバカをみる社会や風潮。
大局を見ようとしても、足を引っ張り合うような社会。

「それでもなお」社会を変えよう、動かそうとする人がいる。


今回の地震で大きな津波の被害をもたらした東北地方。
岩手県普代村では16mもの堤防が住民を守ったとのこと。
建設を反対されていたという、
当時の村長も「それでもなお」と思っていたのでしょうか。

岩手県普代村の奇跡 3000人の村の堤防があの津波をはね返した

  1. 2011/04/05(火) 22:51:21|
  2. なぐりがき
  3. | コメント:0

今ある今を心から

peacehope.osakaです。
ブログ2日目ですが、いきなり育児とちょっと違うことを書きます。

それはブログタイトルについて。

6年前、父親が突然亡くなりました。
それはあまりにも突然で家族も呆然でした。

父はいま振り返っても120%なパパ。

中学生から高校生まで、子ども2人分のお弁当を
作ってくれたのは父でした。
今でいうイクメンと言えるかもしれません。

旅行の際には閉まりかけの電車を
体を張って止めて大騒ぎになったりも。

そんな父が亡くなって思ったのは、

今をタイセツに生きよう

ということ。

本当に何が起こるか分からない。
万が一のことがあったとしても、
精一杯楽しく生きたい。

子どもが生まれてこれからパパをやっていく自分。
父がいたから自分がいる。そして自分がいるから息子がいる。
たとえ望まれなかった「今」でも、それがあるから「未来」がある。

昔の日記を見ながら思いだしたので
改めて深く考えてみたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

風と波のなかにうもれた砂の城は
僕らに人生のほろにがさを感じさせる

今みえるものがすべてで
叫んでも嘆いてももどせない今がある
枝分かれした糸をたぐりよせるように
今じゃない今を追い求める運命

笑顔のなかに浮かんだ未来は
今じゃない今で、
望まれなかった未来が
今ある今なんだ。

何が起きるかわからない世の中だから 
決して知りえない無数の今より
今ある今をタイセツにしよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2011/02/05(土) 15:02:36|
  2. なぐりがき
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。